Department of Accountingについて

専攻紹介

テキサス大学のアカウンティングデパートメントは、その豊富かつ優秀な講師陣と、高いCPA Exam合格率等の実績により、全米でも屈指の学部となっています。ランキングが全てではありませんが、US News ではGraduate Program、Under Graduate Program、何れも全米1位の評価を受けています。この高評価の背景には、会計専門のGraduate DegreeであるMaster in Professional Accounting (MPA、大学院レベルのみの2年制課程) の存在が大きいですが、もちろんMBAの学生もその高レベルのアカウンティング科目群を受講でき、アカウンティング専攻課程が設定されています。また、MBAコア科目の一つであるFinancial Accountingは、その講師陣の質の高さとも相俟って、例年学生から高い評価を受けています。

 

授業概要

MBAの学生は以下の授業を選択科目として履修することが出来ます。
MBA学生向け

  • Advanced Topics in Financial Reporting
  • Financial Statement Analysis
  • Performance Management and Control (Flexible Core)

Master in Professional Accounting (MPA) 学生向けだが、MBAの学生も受講が認められている授業

  • Financial Accounting Standards and Analysis Ⅰ 
  • Financial Accounting Standards and Analysis Ⅱ 
  • Issues in Accounting for Nonprofit (Governmental) Organizations
  • Petroleum Accounting: Principles/Process/Issue
  • Computer Audit and System Security
  • Management Auditing and Control
  • Fraud Examination
  • Introduction to Assurance Services
  • Introduction to Managerial Accounting 

 

Advanced Topics in Financial Reporting

内容

CoreのAccountingでは触れなかった論点、又は触れはしたが詳細な点まで言及しなかった論点について講義を行う。

 

具体的には以下の諸論点:
 Debt Securities
 Issuing and Investing in Equity Securities
 Deferred Tax
 M&A
 Foreign Operation
 Derivatives and Hedging
 Receivables and Securitization
 Pension
 Stock-based Compensation
 EPS
 etc.

  • はっきり言って簿記の授業。でも実際のPublic Companyの財務諸表を詳細に分析するにはこのくらいの簿記の知識は必要だと思う。財務諸表分析はCoreでやっているので、もしくは別の授業であるFinancial Statement Analysisで行うので、ここではやらない。
  • パケットの出来がとてもよい。

成績

Exam 1 25%

Exam 2 25%

Exam 3 25%

Assignments 25%

教官(Yanfeng Xue)

典型的ないいおじいさん。その訥々とした語り口調が、時に「講義が退屈」という評価に繋がるのは残念。しかし、そのサービス精神はすばらしく、生徒のリクエストに応じてほぼ毎週、その週の講義内容の補講を行ってくれた(もちろん生徒の側は自主参加)。人間的に本当にすばらしい方だと思う。会計の専門家としてのキャリアも一流。ただし税務の質問には弱い。

コメント

上にも述べましたが、講義パケットの出来がすばらしい。そのため自学自習が容易に行えてしまうので、あまり授業に出る必要が。。。パケットの内容は試験に直結しており、しかも皆まじめに勉強するので平均は90点を超える。まじめな努力がそのまま会計知識の習得につながるので、いい講座なのではないでしょうか。 文責:T.N(class of 2008)

 

 

Financial Statement Analysis

内容

財務諸表の仕組みやその分析方法の基礎を幅広く学ぶ。Income Tex、Revenue RecognitionやDerivativesに関するHedge会計等をAccounting Analysisとして扱い、Ratio、Cash Flow分析等をFinancial Analysisとして学んだ後、財務諸表を用いたValuationの方法をカバーする。

教官

教官はFall semesterとSpring semester、さらには年度毎に異なることがある。2011年FallはPhDを取得後間もないBadolato教官が担当(CPAホルダー)。新米教師なので授業のペース配分等の点でベテラン教師程熟れてはいなかったが、総じて教え方は上手で授業後の質問に対するフォローアップも丁寧に行うので必要な知識は難なく学べた。非常に熱心な教授であるため来年以降はさらにスキルが上がれば人気講師になる可能性有り。

グレード

2 Examinations: 50%
Stock pitch group work: 20%
Homework: 20%

Class Participation 10%

コメント

CoreのAccountingとは異なり、仕訳等のテクニカルな部分をみっちりやるのではなく、財務諸表の重要なポイントは何かという概念を学ぶクラスなので会計学専攻者以外でも取得する者が多い。授業の内容もCoreのAccountingクラスと重複する部分が多くあり、レベルも飛躍していないので、Coreの知識を定着させるために取得しても良い。最後に行うValuationでは自分でPro forma(見積り)の財務諸表を作成した上で企業の価値を評価するため、当該演習を経て財務諸表の相関メカニズムが体得できる点もFinanceのValuationのクラスには無いメリットだと思う。財務諸表から導き出される一般的な経営指標を作成し理解できるようになりたいと思う人は取得することをおすすめする

 

 

以下、会計専門のGraduate DegreeであるMaster in Professional Accounting (MPA、大学院レベルのみの2年制課程)の授業。

 

Financial Accounting Standards and Analysis Ⅰ 

内容

アカウンティングの基礎を十分に理解している生徒を対象に、会計処理の仕組みをより深く理解するだけでなく、US GAAP (Generally Accepted Accounting Principle)等のデータベースを使って、具体的な会計問題において、「どのような会計処理をすべきか」ということがリサーチでき、会計原則を踏まえて自分なりの判断ができるようになることを目指す。
かつて「中級会計学」と呼ばれていた科目だけあって、一つひとつの内容をかなり深堀りする。偶発債務、キャッシュフロー計算書、非継続事業、繰延税金資産、株式発行、長期負債、デリバティブ、転換社債、ストックオプション、EPS、在庫、リース、証券化、年金等々、実務的な会計処理のロジックを事細かく叩き込まれる。 コースパケット、教科書共にあり得ない厚みで、宿題はほぼ全てのテーマごと、テストも全3回と負荷は重たいが、企業の財務分析に不可欠な会計に対する理解を深めるとともに、グローバル市場で重要な米国財務会計(さらには国際会計基準IFRSも授業で扱う)に慣れ親しむことができる。

成績

Exam 1 21%
Exam 2 24%
Final Exam 27%
Homework  10%
Team cases (3) 18%

教官(Lisa Koonce)

非常に熱心に教えてくれる先生で、生徒からの評判もすこぶる良い。ケースへの回答についても詳細なフィードバックをくれるし、授業中の生徒の質問にも丁寧に答えてくれ、生徒の理解が足りないと思った分野については追加でビデオ講義を録画してアップロードしてくれたりもする。

コメント

基本的に簿記の授業であり、学習が面倒な面もあるが、企業の財務状態を分析するには財務諸表がいかに作られるかを理解することが重要だと思う。金融危機を受けて証券化についての会計ルールがどう変わったかなどの新しい分野も教えてくれ、負荷は大きいが、その分学期を終えた際には大きなやりがいを感じられる授業。 (文責 Y.N)

 

Strategic Control Systems/Cook

内容

2002年春学期からの新科目。戦略の策定および実行のための主に定量的なアプローチ及びツールを扱う。主な内容としては、ストラテジック・プランニング、利益計画、資産配分、EVA、バランスド・スコアカード等。
使用テキスト-Robert Simons, Performance Management & Control Systems for implementing Strategy (Text & Cases), Prentice Hall, 2000.

教官

2002年春学期からの新任教官。約20年間のエネルギー産業におけるエグゼクティブとしての実務経験に裏付けられたコメントには重みがある。ただし、教育者としての経験は浅いため、授業の進め方、コントロールは改善の余地あり。CPA。

グレード

2 Examinations: 50%
Balanced Scorecard Computer Simulations: 10%
Class Participation and homework: 40%

コメント

アカウンティングの講義としては珍しいケースメソッド主体の講義。教官はほとんどコントロールせず、学生のディスカッションの流れにまかせるスタイルのため、英語の苦手な私としては、議論の流れについていくのに苦労することもしばしば。
試験はテキストの中にでてくる概念を問うものが中心の比較的平易なもの。
財務会計に重点をおくアカウンティングと金融に重点をおくファイナンス、定性面に重点をおくストラテジーの狭間でUTのカリキュラムの中で今まですぽっと抜けていた分野を扱う。新しい講義のため、内容はほとんど使用テキストの枠を出ず、熟成度はまだまだの感はあるが、今後の発展に期待。